ぶかにょっき

A computer program does what you tell it to do, not what you want it to do.

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もじゃお、脱皮・・・失敗?

2011-04-10 アクアリウム

2011_0410_01.jpg
コブヨコバサミのもじゃおが脱皮しました。

脱皮自体は数時間で終るようで「朝のぞいてみたら脱いでた」というところ。ただ脱皮準備とおぼしき絶食期間が長く、今回は3週間ほどメシも食わずにモジモジしてました。

3週間、餓死するのではと心配しながら、モジモジソワソワする姿を見守っていましたが、無事脱いでよかった。
(実は無事でもなさそうですが:後述)



2011_0410_02.jpg
あいかわらず見事な脱ぎっぷりなので、雌雄の判定をしてみました。
ヤドカリのオスとメスは、生殖孔の位置で分かるそうです(参考:ヤドカリの世界)。



2011_0410_03.jpg
・・・オス?

分からなさ過ぎるので、オスで仮決定。
実はメスで、「もじゃ夫」あらため「もじゃ子」になったら面白いなと期待していたのですが、残念。



2011_0410_04.jpg
脱皮祝いにアサリでディナー。
脱皮直後なだけに、あまり食べませんでした。いつも本調子にもどるまで2、3日かかるので、様子見。





さて、無事脱皮したかに見えたモジャオですが、ちょっと様子がおかしい。
脱皮後1週間たってもエサの食いつきが悪く、動きも不健康そう。

どうやらハサミがうまく動かないようなのです。
ハサミに力が無く、大きなエサを引きちぎることができてない。また腕自体も稼動範囲が狭くなったようで、踏ん張ることができず、体勢が常にうつむいています。

こりゃまずい。

というわけで、一口サイズに切ったクリルやワカメ、エビ、ホタテ等を何回かに分けて口元まで運ぶ、なんてことを毎朝晩おこなっております。
この状況が、栄養状態により改善するものなのか、次の脱皮を待たねばならないのかは分かりませんが、とにかく食べさせて、あとは本人の生命力を信じようと。

たかだかヤドカリ一匹の挙動に一喜一憂する毎日です。
げんきになるといいな。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://booooker.blog66.fc2.com/tb.php/286-22bf63f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

PROFILE

booker

Author:booker
元コンピュータエンジニアと思ったら現役SEで、やっぱり猫が好き。


NEW ENTRIES


RECENT COMMENTS


CATEGORIES


COUNTER


CALENDAR

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ARCHIVES


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。